/

この記事は会員限定です

企業法務・弁護士調査から(3)リーガルテック

効率化へ活用の意思7割

[有料会員限定]

企業法務を手掛ける弁護士の間で、IT(情報技術)を使って法律関連のサービスを提供する「リーガルテック」を活用する動きが広がってきた。7割の弁護士が活用に前向きな姿勢を示している。人工知能(AI)の発達で可能なサービスも広がっており、活用状況が法律事務所の競争力にも影響しそうだ。

日本経済新聞社が2018年10月~11月上旬に実施した第14回「企業法務・弁護士調査」で、弁護士121人に聞いた。リーガ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り643文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン