/

この記事は会員限定です

AI投資の時代 国際標準適合を

[有料会員限定]

北川哲雄・青山学院大学大学院教授の話

統合報告書を発行する日本企業が増えているが、内容が優れていると感じるのは2割程度。残り8割は改善余地があると思う。

経営トップが経営課題として報告書作りに主体的に関与することが大切だ。欧米では委員会を設置してESG(環境・社会・企業統治)など非財務情報にかかわる問題を社外取締役がチェックする企業が多いが、日本では少数派だ。

企業と投資家との間で必要だと考える情...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン