ソニー、純利益8350億円 今期上振れ70%増 最高益で増配

2019/2/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ソニーは1日、2019年3月期の連結純利益(米国会計基準)が前期比70%増の8350億円になると発表した。ゲームや音楽などコンテンツ事業の拡大で現金を稼ぐ力が高まっており、2期連続の最高益となる。年間配当予想も前期比7円50銭増の35円と前期に引き続き増配を予定する。

純利益は従来、44%増の7050億円を見込んでいた。上振れの主因は米国での税負担減少だ。利益水準の安定を背景に税金の前払いにあた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]