/

この記事は会員限定です

集団で創作 公共劇場の挑戦

1年かけて舞台づくり 「芝居人の修行の場に」

[有料会員限定]

国や地方自治体の公共劇場が「集団創作」に乗り出している。長期の舞台づくりで、独自性を打ち出すのが狙い。その場限りの座組みが主流の演劇界に一石を投じることになりそうだ。

昨年秋、最年少で新国立劇場演劇部門の芸術監督になった演出家、小川絵梨子の念願のプロジェクトが3月から動きだす。3チームが1年かけ、稽古場でこつこつと作品をつくっていく。3、4カ月ごとに開く試演会をプロデューサーらにみてもらい、成果...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1688文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン