/

この記事は会員限定です

恵方巻き 廃棄に待った

料理教室で手作り/SNSで削減運動「消費・販売の意識改革を」

[有料会員限定]

節分に食べる「恵方巻き」が売れ残り、大量に捨てられる現状を見直す動きが広がり始めた。料理教室で巻き方のコツを学んで自宅で作ったり、交流サイト(SNS)で廃棄削減を呼びかけたりするなど様々。農林水産省も小売業界に対し、需要に見合った販売をするよう異例の要請をした。専門家は「捨てられる食品を減らすには、消費者と小売店双方の意識改革が必要」と指摘する。

大津市で1月下旬にあった料理教室。「具材は横に並べ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り874文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン