/

この記事は会員限定です

「神薬」中国で生産 小林製薬「アンメルツ」

訪日客爆買い、帰国後も… 現地製薬買収で足場

[有料会員限定]

小林製薬は2020年に中国で医薬品の製造販売を始める。訪日客向けが収益のけん引役だが、中国人に人気の高い消炎鎮痛剤「アンメルツ」などは医薬品のため、外資規制で現地販売が難しいのが課題だった。18年に中国の医薬品メーカーを買収。現地で製造販売する体制を整え、帰国後消費も取り込む。

31日発表した18年12月期の訪日客向け売上高は推計107億円と、17年12月期から4割強も伸びた。訪日客需要が寄与し、連結売上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン