FRB「ハト派」一色に 利上げ局面終了の可能性

2019/1/31付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、利上げシナリオの棚上げと資産縮小計画の見直しを表明した。2018年12月の前回会合では「年2回の追加利上げが妥当。資産縮小も見直す予定はない」(パウエル議長)と強気さをにじませたが、世界景気の減速懸念で引き締め姿勢を大きく後退させた。(1面参照

「リスク管理の観点から、金融政策はじっと様子見すること…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]