/

この記事は会員限定です

ケイレツにCASEの波

曙ブレーキ、事業再生ADR 完成車と結束に緩み

[有料会員限定]

曙ブレーキ工業は30日、私的整理の一つである事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)を使って再建を目指すと発表した。自動車各社は自動運転車やカーシェアリングなどにしのぎを削る一方、次世代車の開発原資を絞り出そうと既存の部品メーカーへは厳しい原価削減を迫る。日本車を長く支えてきた既存のサプライチェーン(供給網)がきしみ始めている。

1月初め、ある地方銀行が債務の返済を曙ブレーキに強く迫ってきたのが引き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン