/

この記事は会員限定です

公務員制度改革の視点 専門性向上へ評価明確に

英の府省横断枠組み参考 藤田由紀子 学習院大学教授

[有料会員限定]

2018年の国会では裁量労働制を巡る不適切なデータが使用され問題となった。今度は厚生労働省の毎月勤労統計の不適切調査の発覚をきっかけに、政府の56基幹統計のうち23統計で不備が見つかるなど、行政活動を担う公務員の能力や専門性への信頼が揺らぐ事案が続いている。

また森友・加計学園問題にみられるように、内閣人事局の設置以降、公務員は官邸の意向を過剰に忖度(そんたく)するようになったとも言われる。より良...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2800文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン