アップル 10~12月、9期ぶり減収
中国でスマホ不振

2019/1/30付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【シリコンバレー=中西豊紀】米アップルが29日発表した2018年10~12月期決算は、売上高が前年同期比5%減の843億1000万ドル(約9兆2200億円)だった。主力商品である「iPhone」の中国販売が想定よりも落ち込み、9四半期ぶりに前年実績を割り込んだ。19年1~3月期も前年同期比で減収を予想しており、不振が長びく可能性が出てきた。

地域別の売上高は香港と台湾を含む中華圏が27%減の13…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]