/

この記事は会員限定です

人骨標本 実は本物

7県18校で次々判明 明治期、医学校から流出?

[有料会員限定]

各地の高校で模型だと思われていた頭蓋骨の標本が、本物と判明する事例が相次いでいる。適切に入手した標本なら違法性はないが、行政が埋葬したり、遺族を探したりといった対応を迫られた。明治期に廃校になった医学校から流出した標本などが保管されていたようだ。今日では人体標本はプラスチック模型が一般的で、実物の貴重さを指摘する声もある。

「動物の骨だろうか?」。人骨発見の発端となったのは2016年7月、鹿児島県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン