/

この記事は会員限定です

歩行者の動き 車に送信

関電、電柱に検知レーダー設置

[有料会員限定]

関西電力パナソニックトヨタ自動車子会社のトヨタIT開発センターと組み、電柱を活用した安全運転支援の実験に乗り出す。電柱に取り付けたレーダーで交差点に近づく歩行者の動きを検知し、車内のスマートフォン(スマホ)を通じて注意を促す仕組み。将来の自動運転社会をにらみ、電柱に「見張り塔」の役割を持たせる。

30~31日に滋賀県大津市内にある信号のない交差点で、車両と電柱の「路車間通信」の実証実験をする。これを前に29日、報道陣に公開し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り317文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン