/

この記事は会員限定です

横浜港の受け入れ機能向上 大型客船ターミナルなど

大黒ふ頭、岸壁延伸で2隻着岸可能に 新港ふ頭、今秋に新ターミナル開業

[有料会員限定]

横浜市は横浜港で大型客船の受け入れ機能を高める。客船ターミナルとなっている大黒ふ頭の岸壁を2019年中に延伸。これまで大型客船は1隻のみしか着岸できなかったが、2隻同時にできるようにする。港内の新港ふ頭にも新たに客船ターミナルを設ける。20年の東京五輪・パラリンピックも見据え、クルーズ船などによる観光消費を押し上げていく。

大黒ふ頭の客船ターミナルは従来約550メートルだった岸壁を4月に約700メ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り779文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン