/

この記事は会員限定です

信越化学、定年65歳に

人手不足に対応 給与水準80%維持

[有料会員限定]

信越化学工業は4月から定年年齢を現行の60歳から65歳に引き上げる。再雇用制度から仕組みを切り替え、60歳以降の給与として、59歳時点の80%を支給する。現行の制度での60歳以上の給与水準はそれまでの55%にとどまっていた。定年や再雇用で収入が大幅に減る「60歳の崖」の影響を緩和し、熟練者が技術や経験を生かす環境を整えて人材不足に備える。

2018年春から労働組合と協議を続け、このほど正式に引き上げを提案した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り520文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン