/

この記事は会員限定です

H形鋼、10年ぶり高値圏

五輪関連需要がピークに

[有料会員限定]

代表的な建築用鋼材のH形鋼が一段と値上がりし、流通価格が10年ぶりの高値圏にある。2020年開催の東京五輪の関連工事がピークに入り、需要家の手当てが活発だ。年後半には防災関連を中心に土木向けの需要も見込まれ、相場を支えるとの見方が目立つ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン