/

この記事は会員限定です

ゲノム編集で双子誕生

技術とルール、ジレンマ

[有料会員限定]

中国・南方科技大学(広東省深圳市)の賀建奎副教授が遺伝情報を操作するゲノム編集を受精卵に施し、双子の女児を誕生させた。2018年11月に賀氏が発表し、19年に入って広東省の調査チームが確認した。ゲノム編集そのものは生命科学のイノベーションだ。短文投稿サイト「ツイッター」を通じ、どう受け止められたのか探った。

NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション(東京・品川)が12月23日まで1カ月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り571文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン