/

この記事は会員限定です

スマホバッテリー、駅・飲食店でシェア

東電、20年度に1万台

[有料会員限定]

スマートフォン(スマホ)の充電用モバイルバッテリー(総合・経済面きょうのことば)を貸し出すシェアサービスが相次ぎ始まる。東京電力ホールディングス(HD)は今春にも駅や飲食店で機器を貸し出すサービスを始め、2020年度までに1万台の設置を目指す。ローソンも1千店での展開を計画する。20年の東京五輪を控え、訪日客らの利便性を高める。

東電HD傘下の東京電力エナジーパートナーは18年夏に実証試験を始め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り606文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン