/

この記事は会員限定です

AIで高精度予報 気象庁、理研と研究

豪雨確率など

[有料会員限定]

気象庁は27日までに、理化学研究所の革新知能統合研究センター(東京・中央)と人工知能(AI)の活用について共同研究すると発表した。AI技術で観測と予測の精度を向上。2024年をめどに5日先までの予測の精度を高め、特別警報級の豪雨となる確率を地点ごとに示すなどの新たな情報の提供を目指す。

気温や気圧などの観測数値は、新たに自治体や研究機関、民間企業などが持つビッグデータを活用。異常値の除去や欠損デー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン