/

この記事は会員限定です

柄杓(ひしゃく)

清らかな白木で水汲み

[有料会員限定]

手のひらをくぼめてすくって飲んだ山の清水のうまさ。両手をそろえて汲(く)んだ冷たい水でバシャッと洗ったときの顔の爽快さよ。大きなフキの葉を丸めて汲んで飲んだ水は、なぜか甘露な味がした。

沖縄の八重山諸島にはクバ(ヤシの仲間)の葉を丸め、葉軸と葉先を束ねて柄にしたウブルなどと呼ばれる水汲み具がある。同じ手法で大きく作り、握りも太くすると井戸の水汲みのツルベ(釣瓶)になる。握り手の端に重り石を付けて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン