/

この記事は会員限定です

全日空も飲酒検査で替え玉

14年5月に、副操縦士の乗務交代

[有料会員限定]

全日本空輸の副操縦士が2014年5月、羽田空港で乗務前の呼気アルコール検査を、同じ便に乗務しない別の副操縦士に受けさせていたことが26日、同社への取材で分かった。担当者が不正に気付き、副操縦士の乗務を交代させた。副操縦士は、出勤停止1カ月の懲戒処分を受けた。

全日空はこの不正を公表していなかったが、日航の男性機長が17年12月、呼気検査を別の機長に受けさせて乗務した不正が今月発覚したことを受け、1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り349文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン