/

この記事は会員限定です

開拓者、自負が過信に パイオニア上場廃止へ

技術先読みで誤算 新体制、提携に意欲

[有料会員限定]

パイオニアは25日の臨時株主総会でアジア系ファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアからの出資受け入れを決めた。設立から約80年の名門企業は上場廃止となる。「とんがった」技術で常に先頭を走ってきたが、その過信に気づくのが遅かったかもしれない。自動運転など業界を取り巻く環境が大きく変わる中、他社との提携に活路を見いだす。

パイオニアの森谷浩一社長とベアリング日本代表のシェーン・プリディ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1083文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン