/

この記事は会員限定です

データ規制論 ダボスで沸く

「人類の権利」「技術革新を阻害」

[有料会員限定]

世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で、世界の巨大IT(情報技術)企業トップからデータ規制を巡る発言が相次いだ。米マイクロソフトは個人情報の保護に重きをおく姿勢を示した一方で、中国勢は競争環境を保つために規制強化には慎重な考えを示した。国際的なルールづくりの難しさが浮き彫りとなっている。

「データ時代に対応するあらゆる企業や産業のための明快な規制を歓迎する」。米マイクロソフトのサティア・ナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り996文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン