/

この記事は会員限定です

NEXTユニコーン業種別分析(4) 研究開発型注目高まる

ispace、20年に月へ探査機 エルピクセル、MRI画像を解析

[有料会員限定]

宇宙や医療といった研究開発型スタートアップに資金が集まり、企業価値が伸びている。日本経済新聞が集計した「NEXTユニコーン調査」での推計企業価値の合計は「ロボット・宇宙・モビリティー」が5位、「バイオ・医薬品」「ヘルスケア」が6位で続いた。大企業の投資が増え、「死の谷」と呼ばれる開発から製品化までの期間を乗り越えやすくなった。

新素材や製造業を合わせると研究開発型の企業価値合計は4278億円で全体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り775文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン