/

この記事は会員限定です

認知症の最前線(上)AIで高精度な画像診断

熟練医師の不足 解消に道

[有料会員限定]

年をとれば誰もがなる可能性がある認知症。2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人が発症するとの推計もある。これまで以上に身近になる認知症と今後どう向き合っていくのか。診断精度を高めようと医療現場への人工知能(AI)導入に向けた動きが進むとともに、地域では患者が快適に過ごせる環境づくりへの取り組みも増えてきた。認知症の最前線を2回に分けて紹介する。

脳ドックは従来、脳梗塞の検査などを目的に高齢層...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン