/

この記事は会員限定です

金融勢力図 データが左右

KDDI、カブコムに出資へ 投資や決済が便利に

[有料会員限定]

金融ビジネスへの異業種の参入が相次いでいる。KDDIはネット証券大手、カブドットコム証券に出資する方向だ。無料対話アプリのLINEなども金融事業を伸ばそうとしている。各社がめざすのはスマートフォン(スマホ)などを使った簡単で幅広い金融サービスだ。数百万~数千万単位の本業の顧客を金融サービスに誘導し、取引データを蓄積できれば様々な形で多重活用できるメリットもある。異業種の参入が金融業の勢力図を変え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1200文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません