生活習慣病治療 アプリで支援 
血圧や血糖値、手軽に記録 医師の健康指導に活用

2019/1/30付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

生活習慣病の治療や予防を支援するスマートフォン(スマホ)のアプリが増えている。高血圧症や糖尿病の患者が日々の血圧や血糖値を測定してアプリに入力。手軽に記録を続けられる。医師や専門職がつぶさに把握することで、適切な薬の処方や、きめ細かい健康指導につながる。医療機器の一種として保険適用を目指す動きも出てきた。

「朝晩の血圧は毎日パソコンで記録していたが、スマホアプリで簡単になった」。高血圧症を治療中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]