/

この記事は会員限定です

特許侵害で立ち入り検査

特許法改正案 被害立証しやすく

[有料会員限定]

特許庁は、他社の特許を侵害したと疑われる企業に立ち入り検査する制度を設ける。裁判所が選ぶ専門家が現場を調べ、特許を侵害した側にある証拠を押さえる。環太平洋経済連携協定(TPP)の発効などで国境を越えた企業活動の一段の拡大が見込まれる。特許侵害を立証しやすくする仕組みを整え、独自の技術を持つ国内中小・ベンチャー企業の権利を守る。

28日召集の通常国会に提出をめざす特許法改正案に制度創設を盛る。特許訴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り269文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン