/

この記事は会員限定です

最短運転ルート 「量子論」で探索

渋滞瞬時に把握、1台ごと案内 富士通が21年に実用化

[有料会員限定]

量子理論などの先端技術を活用して交通渋滞を解消する技術開発が進んでいる。富士通は量子コンピューター理論を応用し、リアルタイムに車1台ごとの最適経路を導き出す技術を2021年をめどに実用化する。東日本高速道路(NEXCO東日本)は人工知能(AI)で渋滞の予測精度を高める。渋滞を緩和できれば、日本の労働生産性の改善や運転手不足の解消につながりそうだ。

国土交通省の調査によると、車での移動時間に占める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り950文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン