/

この記事は会員限定です

富士通、臨床試験の文書管理で電子化支援

[有料会員限定]

富士通は24日、新薬の開発に必要な臨床試験(治験)を効率化するための電子化支援プログラムを発売する。病院が治験を行う際の煩雑な手間をなくし、治験費用が1割程度減らせるという。治験を数多く手掛ける100病院をターゲットに3年後に30カ所程度の導入を目指す。1カ所あたり年間数百万~1000万円の売り上げを見込む。

治験を行う病院と製薬会社は、治験の計画書や副作用の情報提供書など膨大な数の文書をやりとりする。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン