/

この記事は会員限定です

百貨店の昨年免税売上高 最高

高まる訪日客依存 高島屋・小田急、決済便利に

[有料会員限定]

百貨店業界の訪日客への依存度が高まっている。日本百貨店協会が23日に発表した2018年の免税売上高は前年比26%増の3396億円と過去最高を更新した。消費者の節約志向を背景に、百貨店全体の売上高は3年連続で6兆円を下回り、免税品のシェアは約6%に高まった。

ただ、足元では免税客の単価は中国当局の規制強化で下落し始めている。高島屋や小田急百貨店などは免税対応の決済手段を増やすなど、リピーターを増や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り466文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン