/

この記事は会員限定です

ANAHD、フィリピン航空に出資

100億円規模検討

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)がフィリピン航空大手のフィリピン航空と資本提携を検討していることが、22日分かった。フィリピン航空を傘下に持つPALホールディングスに100億円規模を出資する計画。出資比率は10%前後になるとみられる。ビジネスや観光目的の訪日需要が拡大している東南アジア路線を強化する狙いがある。

ANAとフィリピン航空は、2014年から日本とフィリピンを結ぶ路線で共同運航するなど提携関係にある。両社は資本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン