センチュリー・プロパティーズ(フィリピン) 都市開発へ参画好感

2019/1/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

21日のフィリピン株式市場で、同国の不動産大手、センチュリー・プロパティーズ・グループが上昇した。一時、昨年8月以来およそ5カ月ぶりの高値を付けた。首都マニラの北部に位置する再開発地域、クラークの都市開発に携わると21日発表し、収益への貢献を期待した買いが入った。

クラークの開発の一部を手掛ける不動産会社グローバル・ゲートウエ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]