2019年2月17日(日)

迫真就活戦線 異状あり(2) 1年生からインターン

2019/1/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2018年12月下旬、9月からモスクワの大学に留学中の東北大学2年、小池貴之(21)は寮でパソコンを開き、無料通話ソフト「スカイプ」を立ち上げた。「2月から自己分析を始めてみよう」。アドバイスをくれた相手は東京にある就活塾の講師、北口泰伸(50)だった。

帰国予定は3年生の6月末。大手企業のインターンはそのころから本格的に始まり、事実上の就職戦線が火蓋を切る。「留学すれば就活の情報を得にくくなる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報