核燃料取り出し 計画達成を断念 もんじゅ巡り文科省

2019/1/22付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

文部科学省は21日、廃炉作業中の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、1月中に使用済み核燃料を計100体取り出すとしていた計画の達成を断念すると福井県に報告した。燃料を炉外燃料貯蔵槽から燃料池に取り出す機器が警報を鳴らし、作業を中断するトラブルが複数回発生したことや29日から本格…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]