/

この記事は会員限定です

米政争で農産物市場困惑

政府機関閉鎖、統計不足で分析苦慮 投資家の売買意欲冷やす

[有料会員限定]

米国で一部政府機関の閉鎖が長引き、商品市場に波紋が広がっている。影響が大きいのが農産物。米農務省などの重要な統計が公表されず、市場参加者は輸出入や在庫の判断に頭を悩ます。混乱が続けば市場の流動性が低下し、金融市場などに相場が揺さぶられやすくなるリスクもある。

農産物の市場関係者は米農務省のデータを主な材料としている。だがトランプ米大統領の政策を巡る与野党の対立で米政府機関の一部閉鎖が長期化。同省...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り703文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン