/

この記事は会員限定です

内戦経て多様性尊重へ

スペインの民族対立 脈々と継ぐ戦禍の記憶

[有料会員限定]

およそ80年前、内戦下のスペイン北部の小さな町ゲルニカは無差別爆撃を受け、多くの命が奪われました。祖国の悲劇を知った巨匠パブロ・ピカソは、その怒りと悲しみを「ゲルニカ」に込めたのです。当時の対立は現代のカタルーニャの独立運動にも深く関わっています。今回の旅はバルセロナとマドリードを訪ね、情熱の国が歩んだ20世紀を振り返ります。

現代史を巡る旅はバルセロナからです。建築家アントニ・ガウディによる世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2083文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン