/

この記事は会員限定です

為替・株「落ち着き」戻るか

黒田総裁発言を注視

[有料会員限定]

今週の金融市場は、年末年始に変動した外国為替や株式の相場が本格的に落ち着くかどうかが焦点になりそうだ。22~23日の金融政策決定会合で日銀は、堅調な世界経済の下で日本経済も緩やかな拡大を続けるとの見解を示すとみられる。注目点は会合後に記者会見する黒田東彦総裁の発言だ。米中貿易戦争による世界経済の下方リスクはなお変わらないが、過度な悲観論が払拭されると市場は冷静さを少し取り戻すかもしれない。

三菱UFJ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン