10連休を機に休み方改革を

2019/1/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

改元に伴い、今年のゴールデンウイークは10連休となる。前例のない長期休暇で旅行業界が潤うなど、祝賀ムードによって消費を押し上げる効果が期待される。

だが、10連休の陰に潜む日本人の働き方の問題も見逃せない。いくら政府が祝日を増やしても、実際には多くの勤労者が休めない日本社会の現実があるからだ。

製造業が中心の高度成長期には一斉に働き一斉に休む方が効率がよかった。産業構造が変わり、いまではサービス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]