/

この記事は会員限定です

用途特許延長 保護どこまで

東レ、かゆみ改善薬巡り侵害訴え 後発薬とのすみ分け影響

[有料会員限定]

東レは2018年12月、かゆみ改善薬に関する「用途特許」といわれる特許が後発薬メーカー2社に侵害されたとして、東京地裁に製造販売の差し止めなどを求める訴訟を起こした。過去には用途特許より効力が狭い製剤特許で後発薬メーカーに有利な判例が出たことはある。用途特許に対する司法判断は、医薬品業界の注目を集めそうだ。

医薬品の特許は「物質」「用途」「製剤」の3種類。有効成分そのものである新規化合物に関する物質特...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン