日韓、消える「外交の知恵」
徴用工訴訟・レーダー照射…対立泥沼化

2019/1/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

韓国人元徴用工訴訟や韓国軍艦による自衛隊機へのレーダー照射など日本と韓国の対立が泥沼化している。国民生活に影響する経済や安全保障の分野まで広がりだしただけに事態は深刻だ。両国関係を下支えしてきた外交力の低下が著しい。

11日、朴槿恵(パク・クネ)政権当時の最高裁判所長官がソウル中央地検に出頭した。日韓関係の悪化を危ぶむ朴政権の意向をくんで元徴用工訴訟の確定判決を遅らせたとされる問題だ。目を閉じた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]