/

この記事は会員限定です

勤労統計 資料を廃棄

過去データ修正困難 04~11年分、保存期間切れ

[有料会員限定]

厚生労働省の毎月勤労統計で不適切な調査があった問題で、同省が統計の修正に難航するのが必至の情勢だ。2004年から11年までの分は保存期限が過ぎた基礎資料を廃棄・紛失していることが判明したためだ。修正に必要なデータが不足することで政府が基幹統計と位置づける毎勤統計が一部欠落したままになる恐れが浮上しており、厚労省は対応を模索している。

毎月勤労統計は平均賃金や労働時間などの変化を把握するのが目的の調...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り745文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン