高校普通科 専門性で区分
教育再生会議が提言 進路・個性に応じ

2019/1/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫前早稲田大総長)は18日、高校教育の改革を盛り込んだ提言の中間報告をまとめた。7割の生徒が通う高校普通科について、画一的な教育を見直す必要性を指摘。進路や個性に応じて専門性のあるカリキュラムを選べるように、普通科をタイプ分けすることを今後検討するとした。

安倍晋三首相は会議で「Society5.0(超スマート社会)を生き抜くことができる多様な人材を育成するため…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]