/

この記事は会員限定です

ヒット作連発、ポプラ社が快走

リピーターを作り息長く

[有料会員限定]

昨年のベストセラーに名を連ねた『かがみの孤城』(辻村深月著)や「おしりたんてい」シリーズ(トロル著)は主に児童書を手掛けるポプラ社の刊行だ。出版不況の中で快走を続ける同社の長谷川均社長に話を聞いた。

2016年に社長に就任した長谷川氏は、生命保険会社や金融コンサルティング業を経て09年に入社。主に財務を担当してきた。「出版界は既存の読者に向けて本を作ってきた。通常の商品のように、新規の顧客を発掘...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り737文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン