/

この記事は会員限定です

男性 500万年後に消滅?

染色体変化 生き残りの余地

[有料会員限定]

ヒトなど哺乳類には性を決める染色体がある。このうちオスを決めるY染色体は退化を続け、500万年後に消滅する説も唱えられている。そうなると子孫を残せなくなるのだろうか。奄美大島などにすむトゲネズミは、先行きを展望するモデルになるという。Y染色体を失ったが、オスが生まれているからだ。研究者はその謎を解き明かそうとしている。

トゲネズミは日本固有の種だ。オキナワ、アマミ、トクノシマの3種類が生息してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1583文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン