2019年2月21日(木)

「ムヒ」や遺伝子治療薬 富山の医薬品 次々海外へ

2019/1/18付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

富山県内の医薬品の輸出機運は点眼薬にとどまらない。虫刺され薬から次世代の遺伝子治療薬まで多様な薬の需要を開拓する動きが広がる。薬価引き下げ圧力の高まりという国内市場に逆風が吹く中、県が目指す医薬品生産額1兆円の実現には海外需要の取り込みが鍵となりそうだ。

虫刺され薬の「ムヒ」を生産する池田模範堂(富山県上市町)は香港やマレーシア、台湾に製品の輸出を始めている。売れ行き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報