/

この記事は会員限定です

「ムヒ」や遺伝子治療薬 富山の医薬品 次々海外へ

[有料会員限定]

富山県内の医薬品の輸出機運は点眼薬にとどまらない。虫刺され薬から次世代の遺伝子治療薬まで多様な薬の需要を開拓する動きが広がる。薬価引き下げ圧力の高まりという国内市場に逆風が吹く中、県が目指す医薬品生産額1兆円の実現には海外需要の取り込みが鍵となりそうだ。

虫刺され薬の「ムヒ」を生産する池田模範堂(富山県上市町)は香港やマレーシア、台湾に製品の輸出を始めている。売れ行きは好調...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン