2019年2月24日(日)

Asia300台湾半導体受託TSMC、成長踊り場
1~3月営業益2割減 アップル不振で需要減 米中摩擦懸念強く

2019/1/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

半導体の受託生産世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の成長が踊り場を迎えている。17日、2019年1~3月期の営業利益が前年同期比2割超減るとの見通しを明らかにした。米アップルのスマートフォン(スマホ)の販売不振や仮想通貨向けの需要減が響く。今期の設備投資計画も下方修正した。19年の半導体景気に対し厳しい見方が広がりそうだ。

「高級スマホが厳しい。仮想通貨向けも落ち込む」。魏哲家・最高経営責…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

受託生産、中長期は増加[有料会員限定]

2019/1/18付

TSMCの概要[有料会員限定]

2019/1/18付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報