/

この記事は会員限定です

2019私の注文 「共助」で行政の補完を

ココナラ社長 南章行氏

[有料会員限定]

各政党が少子高齢化の問題をどれくらい本気で考えているか注視したい。少子高齢化をどう食い止めるかではなく、その影響にどれくらい向き合うつもりがあるのかということだ。明らかに訪れる社会に対して手を打てないのは政治の怠慢だ。

問題解決の現実的な答えの一つとして、行政サービスを指す「公助」から、市民同士で助け合う「共助」への転換をめざしてほしい。政府や地方自治体への過度な依存をやめ、自治体が担えなくなるサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り591文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン