2019年8月23日(金)

新顔パワー半導体に期待 情通機構センター長 東脇正高氏

2019/1/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

電力の供給や制御に使うパワー半導体の分野で、新しい材料の「酸化ガリウム」を使う研究が盛り上がってきた。先行した他の材料は安く大量に製造できない課題がある。この新顔はシリコンと同じように大きな結晶を作りやすい。情報通信研究機構未来ICTデバイス先端開発センター長の東脇正高さんは「10年以内に実用化し、日本から半導体分野のイノベーションを起こしたい」と語る。

現在主流の半導体材料のシリコンは、大き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。