2019年2月21日(木)

芥川賞に上田氏・町屋氏 直木賞は真藤氏

2019/1/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

第160回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は上田岳弘氏(39)の「ニムロッド」(「群像」12月号)と町屋良平氏(35)の「1R1分34秒」(「新潮」11月号)に、直木賞は真藤順丈氏(41)の「宝島」(講談社)に決まった。

2月下旬に都内で贈呈式が開かれ、受賞者には正賞の時計と副賞100万円が贈られる。

上田氏は兵庫県生まれ。受賞作は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報