/

この記事は会員限定です

省エネ設備共用で容積率緩和

国交省が特例検討 街全体で環境対策

[有料会員限定]

国土交通省は街全体のエネルギー効率の引き上げに乗り出す。効率がよい発電や熱供給の設備を複数の建物が共同で利用する計画に対し、設備を置く建物の容積率を緩和する特例を設ける。建物の延べ床面積の10%超を上限に、省エネ設備を設置する面積分を容積率の計算に含めず、環境性能に優れた建物の新築や改修を後押しする。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン